【文字サイズ】

 SmartAPFC®は、ビルや工場などの受電設備に設置し、力率※を適正な値に自動制御する装置です。300kVA以下の小容量受電設備をお持ちのお客さま向けに開発しました。
 一般的な高圧受電設備には、力率を改善する装置(進相コンデンサ)が設置されています。しかし、小容量受電設備では進相コンデンサが常時投入され、電気の使用状況に応じた力率の制御がされていない場合が多く、特に夜間などの電力使用の少ない時には、配電線の電圧上昇や高調波電圧拡大など、障害発生の原因となっていました。
 このような問題を解決するためには、自動力率調整装置(APFC)を設置して、力率を適正に維持することが必要です。しかし、市販の装置は高価なため、これまであまり普及していませんでした。
 そこで、当社は、独自技術により大幅な低価格化を実現したSmartAPFC ®を開発しました。

※力率・・・電源から送り出される電力(皮相電力)に対し、電気機器が実際に消費する電力(有効電力)の割合

SmartAPFC

概要

特徴

  • 従来のAPFCでは、電圧・電流両方の計測が必要でしたが、負荷力率を推定する手法を搭載することで、電圧計測を省略し、低価格化を実現。
  • 昼間は力率割引優先制御、夜間は省エネ優先制御で、需要家の導入効果を最大化。
  • SmartAPFC®と直列リアクトル付き低圧進相コンデンサの組み合わせにより、過剰な進み力率の抑制、高調波対策のコストダウン、変圧器損失の低減による省エネルギーを実現。

仕様

型式 TSA-01
制御対象 ①低圧進相コンデンサ
②容量可変型進相コンデンサ※
制御台数 2台まで
電流入力 三相変圧器2次側電流(1相)
接点入力 進相コンデンサ異常信号(2台まで)
接点出力 進相コンデンサ開閉信号
制御方式 力率推定/力率固定/タイマー
制御目標
(力率固定/力率推定)
昼間:力率100%に最も近い進み力率
夜間:力率100%に最も近い力率
電源 DC 20.4V~28.8V
許容使用周囲温度 0~55℃
外形寸法 116.0mm(W)×57.7mm(D)×77.0mm(H)
質量 300g

※容量可変型進相コンデンサ…内部結線をYと△で切り替えて、1台で2種類の容量の構成を実現した低圧進相コンデンサ

お問い合わせ

株式会社トーエネック 技術研究開発部
〒457-0819 愛知県名古屋市南区滝春町1-79
電話:052-619-1707
Webサイトからお問い合わせいただけます。
お問い合わせ
このページの先頭へ