【文字サイズ】

2017年10月3日お知らせ

 当社は、教育センターで、安全創造館の開館式を開催し、ご来賓や当社関係者などあわせて45名が出席しました。

 開館式では、はじめに当社を代表して大野智彦代表取締役社長 社長執行役員が「近年、作業用工具の改良などにより作業の安全性が向上する一方で、危険を実感する機会は減ってきている。そこで安全創造館では、そういった作業におけるリスクを体感できる施設になるよう工夫を凝らした。安全創造館の開館を機に、当社の安全衛生教育や部門の工事品質教育をより一層充実させていく」と述べました。続いて、愛知労働局の小暮康二局長様と、中部電力株式会社の吉田和弘人事部長様から同館における安全衛生教育への期待を込めたご挨拶が述べられました。その後、代表者7名によるテープカットがあり、続いて内覧会が行われました。

 当社は、作業災害や事故の防止と従業員の健康維持を最優先に考えています。安全創造館は「電柱墜落体感」や「高圧感電体感」など26の危険体感設備と「救命処置体験」など5つの体験設備を用意しており、従来の「見る・聞く」安全衛生教育に加え、作業の中に潜む危険の芽を「体感」することで安全意識の更なる向上を図ります。

 開館後は、当社や協力会社の現場管理・監督者や作業者向けに教育を行い、将来的には社外からの受け入れ教育も実施する予定です。

テープカットの様子

内覧会の様子

トーエネックの省エネ生活サイト
common_alldenka.jpg
トーエネックの省エネ生活サイト
資材調達ページ
common_sizaichoutatsu.jpg
資材調達ページ
技術研究開発ページ
develop.jpg
技術研究開発ページ
トーエネック陸上競技部ページ
common_sports.jpg
トーエネック陸上競技部ページ
エアーマイスター
common_airmeister.jpg
エアーマイスター
エネとっく
エネとっく
エネとっくのお客さま専用ページ
エネマネ事業者
ems.gif
エネマネ事業者
このページの先頭へ