【文字サイズ】

トーエネックは、従業員の育成強化を積極的に行っております。
各種資格や技術技能の教育をはじめ、次代を担う若手技術者の教育を積極的に行っています。

教育研修

新入社員教育

入社後の1ヶ月間は、企業人として仕事に必要な「基礎知識、基礎技術」を習得する。合わせて社会人として求められる「コンプライアンス、ビジネスマナー」を身に付けるための教育を行っています。

  • (1)大卒技術職
     1年の研修期間で、技術者として配属される配電・市場開発・地中線、内線、空調管、情報通信の各部門の教育を受けます。この間、トーエネック技術者としての基礎知識を習得するために電気主任技術者(電験3種)などの取得支援教育を行います。
  • (2)大卒業務職
     1年の研修期間で、業務(事務)職として必要となる、法務・経理・工事事務管理の基礎知識を職場での実習を通じて習得します。さらに、技術部門である配電線工事、内線工事の現場実習を行います。
  • (3)高卒技能職(配電部門)
     1年の研修期間で、職業能力開発促進法に基づく普通職業訓練を行います。前期の6ヶ月間は教育センターでの集合教育として、現場作業の基礎知識・作業訓練を行います。後期の6ヶ月間は配属先での現地教育を行います。
  • (4)高卒技術職(配電・内線・空調管など)
     6ヵ月の研修期間で、当初の1ヶ月にて各部門の共通基礎教育を合同研修として行います。その後配属部門に分かれ、現場実習を含めて集合教育を受けます。この間、自己啓発を促進し電気工事士・電気主任技術者等の公的資格取得の挑戦を督励します。

2年目以降の教育

 職位や職責に応じた「階層別研修」や、専門知識・技術を身に付けるための「各級技術者教育」「技能格付教育」など、教育体系に沿った教育・研修を行っています。

教育研修

自己啓発

自主参加研修

自ら進んで知識・能力のアップを図る社員のため、20コース程度の研修を開講しています。
その他にも、技術系自主参加研修を5コース程度開講しています。

通信教育

通信教育講座の受講者には、受験料の一部を補助いたします。

公的資格取得

一部の資格につき、公的資格支援講座を開講しています。
また公的資格取得者には、合格祝金を支給しています。

このページの先頭へ