【文字サイズ】

設立にあたって

 当社は、働く人の健康と安全の確保を最優先事項として、「安全意識」と「安全行動」を一致させることで労働災害絶滅を目指しております。

 しかし近年、危険に対する感受性の低下、ルールを守らない不安全行動が原因となる災害が後を絶ちません。

 従来の「見る・聞く」安全衛生教育に加え、作業の中に潜む危険の目を「体感」することで危険に対する感受性と安全意識の向上を図ることができる教育施設「安全創造館」を、当社の創立70周年記念事業の一環として、設立しました。

安全創造館

ロゴマークについて

 安全創造館は、ルールの必要性をはじめ、原点に戻り安全を見つめ直す場所であることから、ロゴは力強く重厚で威厳のある書体を採用しました。

 文字の色は安全・安心な状態を示す「青色」で表わし、また様々な状況の中に潜在している「危険の芽」が将来顕在化し、労働災害に発展する可能性を「赤色」で表わしています。

 つまり、「絶対安全」は存在せず、常に「危険の芽」が潜んでいることを認識し、発見・改善策を創造することで、安全に対する意識を高めて頂きたいという願いが込められています。

安全創造館

施設の紹介

施設の紹介映像

安全創造館 館内図
施設名 内容
エントランスホール ・安全衛生活動および年表  ・安全衛生方針  ・安全創造ゲート
ブルーゾーン ・感電体感設備(高圧)  ・感電体感設備(低圧)
レッドゾーン ・衝撃体感設備  ・足場からの墜落体感設備  ・落下物体感設備
・安全帯比較体感設備  ・梯子転落体感設備  ・脚立転落体感設備
・電柱墜落体感設備
オレンジゾーン ・ワイヤー挟まれ体感設備  ・地切り荷振れ体感設備  ・圧縮工具挟まれ体感設備
・回転ドリル巻き込まれ体感設備  ・Vベルト巻き込まれ体感設備  ・切創体感設備
・傾斜屋根すべり体感設備  ・踏み抜き体感設備
パープルゾーン ・重量物倒壊体感設備 ・重量物運搬体感設備  ・不陸地運搬体感設備
・アーク溶接体感設備  ・熱中症体感設備
グリーンゾーン ・酸欠体感設備  ・土砂崩壊体感設備
イエローゾーン ・クレーン車転倒体感設備  ・高所作業車逸走体感設備
ホワイトゾーン ・救命処置体験設備  ・高視認体験設備  ・交通動画KYT体験設備
・衛生関係パネル表示  ・KYT体験設備

アクセスマップ・お問い合わせ先

住所 〒457-0819 愛知県名古屋市南区滝春町1-79 (当社 教育センター)
電話 052-619-2082(安全創造館)
アクセス お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。
[ 名鉄大同町駅をご利用の場合 ] 徒歩にて約3分
見学(要予約) 当社営業担当者または上記までお問い合わせください。
・危険体感設備をスタッフがご案内いたします(90分程度)
このページの先頭へ