スマートハウスのご提案:PHV・EV充電設備工事

電気自動車の充電設備として、「単相AC200V」または「単相AC100V」のPHV・EV専用コンセント等が必要となります。
充電時は大電流が長時間流れ、屋外での充電作業を伴う場合もありますので、万が一使い方を誤ると火災や感電の原因となることがあります。
PHV・EV充電設備工事は、電気工事に実績・信頼のある当社にお任せください。
お客さまのライフスタイルに合わせた契約電力や料金プランもあわせてご提案いたします。

PHV・EVにおける推奨工事仕様

充電設備の種類

住宅に最適な充電器

家屋と駐車スペースが隣接している場合

  • 屋外コンセント

    充電用コンセントに求められる「利便性」の向上を実現したPHV・EV充電用屋外コンセント

    基本工事標準価格
    (本体+工事費)

    85,000円~(税抜)

  • 充電ボックス(鍵付き防水仕様)

    プライベートエリアに、パブリックエリアに、200V・100Vコンセントを搭載した壁面取付タイプの充電ボックス

    基本工事標準価格
    (本体+工事費)

    222,000円~(税抜)

  • 電気自動車に接続して充電・放電ができるタイプ(充放電タイプ)

    EV・PHV車に充電できるだけなく、EV・PHV車に貯めた電気をご家庭でご利用いただけます。

    基本工事標準価格
    (本体+工事費)

    お見積もりいたします

家屋と駐車スペースが離れている場合

  • ポール型専用コンセント

    自立式ポール型の専用コンセント設置面積をとらないコンパクトな形状で、駐車スペースに合わせてフレキシブルに設置できます。

    基本工事標準価格
    (本体+工事費)

    160,000円~(税抜)

  • 充電スタンド

    複数台充電に対応できる充電設備負荷平準化※機能を搭載しているので集合住宅や事業所におすすめです。200V・100Vコンセント搭載

    ※負荷平準化とは、複数台の電気自動車を同時に充電する場合、充電時間を分散させて、電力の契約容量を超えないように制御します。また、契約容量を抑えることが可能となり、経済的な運用ができます。

    基本工事標準価格
    (本体+工事費)

    お見積もりいたします

工事費について


よくあるご質問

充電設備の設置にはいくらくらい掛かるの?
当社で設置工事をさせていただく場合、専用コンセント充電設備工事の標準パッケージは約80,000円(税抜)(家屋と駐車スペースが隣接している場合の壁面取付型)、または135,000円(税抜)(家屋と駐車スペースが離れている場合の自立式ポール型)ですが、ブレーカーからコンセントまでの距離やご自宅の電力容量の状況によっては追加費用が発生する場合があります。
また、毎日の充電操作がしやすい、充電ケーブル一体型等もございます。
200Vの充電ケーブルで、100V電源から充電できるの?
できません。AC200V電源とAC100V電源のコンセントは形状が異なります。電源プラグもそれぞれに対応した形状になっています。

雨の日に充電しても大丈夫なの?
漏電検知ユニットによって導線確認をしておりますので、車に差し込む充電コネクターから漏電検知ユニットまでは濡れても構いません。漏電検知ユニットからコンセントは濡れないようにしてください。
感電や漏電を防止するために、濡れた手でプラグを抜き差ししないでください。
家のブレーカーは何アンペアにすればいいの?
お客さまのライフスタイルにあった契約電力を当社でご提案いたしますので、ご相談ください。
夜間電力に切り替えた方が充電の電気代は安くなるの?
お客さまのライフスタイルによっては安くなる場合があります。
例えば、昼間はほとんど家にいらっしゃらないお宅や、オール電化のお宅など一般的に深夜電力が安く使えるお客さまにはおすすめです。
電気料金のプランはぜひ当社にご相談ください。

詳しくは当社までお問い合わせください。

0120-541ゴヨーイ-152イーコージ
受付時間 月-金 9:00~12:00 / 13:00~17:00
(年末年始は除く)

お近くのTOENECを探す

お探しの地域をクリックしてください

リフォーム・省エネ生活に関するお問い合わせ