【文字サイズ】

ダイバーシティ推進に関するトップメッセージと方針、当社におけるダイバーシティの考え方は下記のとおりです。

トップメッセージ

当社は、お客さまや社会の皆さまから信頼、信用され続ける企業、すべての従業員がいきいきと活躍できる企業を目指してダイバーシティを推進しています。

 当社が持続的に成長・発展し、お客さまや社会の皆さまから信頼、信用される企業であるためには、当社の原動力である従業員それぞれがいきいきと活躍できる魅力ある企業になることが重要であると考えています。また、多様化・個別化するお客さまニーズにお応えするとともに、変化する事業環境をチャンスと捉え対応することも必要です。

 このため、個々の従業員が持つ多様な違い(性別・年齢・価値観等)をお互いが尊重し受入れ、新たな発想力や柔軟な対応力を生み出すべく、ダイバーシティを推進しています。

株式会社トーエネック
代表取締役社長 大野 智彦

多様な人材活躍推進のための実施方針

目的

『多様な人材』がいきいきと活躍できる魅力ある企業を創造する

目標
  1. いきいきと働ける企業風土の醸成
    それぞれの能力と価値観を認め合い、支え合う企業風土を醸成
  2. ワーク・ライフ・バランスの推進
    育児、介護、地域活動など仕事以外の責任と要望を果たし得る労働条件を再整備
  3. 「多様さ」の活用による競争力の向上
    性別、年齢などに関わらず、誰もが能力を最大限発揮できる職場環境を整備し、競争力を向上

トーエネックにおけるダイバーシティ

「ダイバーシティ」とは多様性。人にはそれぞれ違いがあります。
性別、年齢、経験・・・等々。
各個人が持つ様々な違いを背景とした考え方や価値観はまさに「多様」です。

 個々の従業員が持つ多様な考え方や価値観を当社の「力」とすることで、経営理念である『快適環境の創造』『独自技術の展開』『いきいき人間企業の実現』の達成に向けた歩みを一層進めることができると考えています。

快適環境の創造、独自技術の展開、いきいき人間企業の実現

このページの先頭へ